外壁塗装

外壁塗装の3つの目的

  • 目的1 外壁の保護・防水
  • 目的2 機能性の付与   ・汚れが付きにくい塗料  ・ひび割れに強い超弾性塗料  ・防カビ防藻効果のある塗料  ・省エネ遮熱塗料
  • 目的3 住まいをより美しく

外壁塗装は雨や風、紫外線や様々な外的要因から住宅を保護してくれます。劣化してくると、雨や湿気が侵り込み、外装の表面だけでなく、基盤の腐食がはじまります。 極端に外壁が汚い(カビなど)場合などは早急な対応が必要となる場合があります。
目安としては10年に一度と言われていますが、お客様の住まいによって個人差があります。
適切なときに適切なものを当社でご提案させていただくので、お気軽にご相談ください。

いつが塗り替え時期?危険サイン

外壁の種類はモルタル、サイディング、コンクリート、木材など住まいによって様々です。
ただ、どの外壁も永久なものではなく、10年後、20年後には塗り替えの時期がきます。
あなたの住まいの外壁はいかがですか?
下記の内容に当てはまった方はそろそろ塗り替えをお考えいただいた方がよろしいかもしれません。

壁をさわると白く粉っぽいものがつく

これは「チョーキング(白亜化)」といい、塗り替えのパロメーターともいえる現象です。
防水効果が切れて水をはじかなくなってしまいます。


ところどころにひび割れ

壁面にヒビ割れが発生すると、ここから雨水がしみて建物内部にまで雨水がはいってしまいます。
ヒビを見つけたら早めの対処が必要です。


カビ・藻

カビ・藻が生えると塗膜機能の低下します。それによって防止効果が切れて水をはじかなくなっていきます。
カビ・藻は高圧洗浄でキレイに落とすことができますので、早めにご相談ください。


塗膜の膨れや剥がれ

塗膜の膨れや剥がれると、塗膜機能の低下します。それによって防止効果が切れて水をはじかなくなっていきます。塗膜の膨れや剥がれがある場合は早めの対処が必要です!

外壁塗装で大切なこと

外壁塗装で大切なことは下塗りをしっかり行うことです。

下地をしっかりしないまま、どんなに高級な塗料を塗っても意味がありません。
当社では、高圧洗浄で長年こびり付いたホコリや汚れを洗浄し、フィーラ―(シーラー)を下塗りしてから中塗り、上塗りと重ね、仕上げていきます。
下塗りをせずに塗装してしまった場合、工事費用は安く済みますが、施工後わずか数年で接着破壊を起こし、後に費用のかかる修繕工事が必要となります。この様なことがないように塗装業者選びは慎重に行ってください。

外壁塗装の施工例はこちら

外壁塗装は知識と技術をしっかり持った当社にお任せください。

  • お電話でのお問い合わせ TEL 0465-73-2593
  • メールでのお問い合わせ コンタクトフォームへ
Top